育児社員をサポートする助成金

従業員の育児と職場復帰を支援する企業様に対して支給される助成金についてご説明します。
育児休業ができる労働者は、原則として1歳に満たない子を養育する男女労働者です。従業員に安心して子育てに専念してもらう環境をつくると、企業は助成金を受給できます。

両立支援等助成金(出生時両立支援助成金)

助成金概要

男性労働者が育児休業を取得しやすい職場風土作りに取り組み、 かつ、男性労働者に子の出生後8週間以内に開始する育児休業を取得させた事業主に対して助成

助成額

最初の1人60万円(大企業は30万円)
2人目以降の対象者15万円

両立支援等助成金(中小企業両立支援助成金(代替要員確保コース))

助成金概要

育児休業取得者の代替要員を確保するとともに、 育児休業取得者を原職復帰させた事業主に対して助成

助成額

1人あたり50万円、1年度の上限10人

育児休業取得者が期間雇用者の場合、
労働者1人あたり10万円加算
期間雇用者を無期雇用者として復帰させた場合は
さらに10万円加算
※くるみん取得企業の場合、平成37年3月31日までに50人まで

両立支援等助成金(中小企業両立支援助成金(育休復帰支援プランコース))

助成金概要

育休復帰支援プランを作成し、プランに基づく取組により、 労働者の育児休業取得、職場復帰させた事業主に対して助成

助成額

1企業あたり2人まで(無期雇用者1人、期間雇用者1人)

1人につき育休取得時30万円、職場復帰時30万円

Copyright (C) 2012 特定社会保険労務士 杉山晃浩事務所 All Rights Reserved.