• HOME
  • 自分で助成金を申請する場合のデメリット

自分で助成金を申請する場合のデメリット

助成金・奨励金の申請をご自身でされる場合は、以下のようなリスクを伴いますので十分な注意が必要です。

●時間・労力がかかる

たとえ知識や経験が多少あっても、助成金・奨励金の申請には多くの時間とエネルギーを要します。
知識や経験がない場合は、さらに膨大な時間が必要になります。

また、書類を提出するためには、統轄機関に何度も足を運ぶ必要があります。
しかも、そういった機関の多くは、平日9時から17時までしか申請を受け付けていません。

日々の業務で忙しい経営者の方にとっては、助成金・奨励金を申請するためだけに新たな時間や労力を生み出すのは並大抵のことではありません。

助成金・奨励金の申請の代理権が認められている社会保険労務士に委託すれば、わずらわしい申請手続きを気にすることなく、本業に集中することができます。

●もらいもれがある

助成金・奨励金は多種多様ですから、貴社の望みにかなう最適な助成金や奨励金を見つけることは容易ではありません。
しかも、助成金や奨励金によっては申請できる期間や予算が設定されています。

その結果、せっかくもらえるはずの助成金をもらい損ねることも少なくありません。

助成金・奨励金のプロである社会保険労務士に相談すれば、助成金・奨励金に関する的確なアドバイスが得られます。

また、日々変化する助成金・奨励金の最新情報を収集しておりますので、
「そんな助成金があったなんて知らなかった・・・」「もっと早く知っていればもらえたのに・・・」
というリスクを回避することができます。

●申請書が煩雑でもらえない

助成金・奨励金の申請書類は普段目にしない不慣れなものであり、記入方法も複雑です。
記入に不備があれば、せっかく時間と労力をかけて作成した申請書も水の泡となってしまいます。

また、助成金・奨励金を申請する上では、法定帳簿や就業規則の提出を求められる場合もあります。
書類を提出してしまった後に、労働基準法や要件に合致しない項目が見つかれば、申請が通らなくなってしまいます。

したがって、助成金・奨励金の申請書類で悩んだら、まずは助成金・奨励金申請の専門家である社会保険労務士に相談することをオススメします。

ImgTop13.jpg

ImgTop14.jpg

ImgTop15.jpg

ImgTop7.jpg

sydt_0070.jpg

Copyright (C) 2012 特定社会保険労務士 杉山晃浩事務所 All Rights Reserved.